起業したいと思ったら、今すぐ始めましょう。今日からスタートです。

「無計画で」と言うのは極端ですが、それでもあまり計画にこだわるよりも、行動しながら計画していくくらいで丁度良いです。

なぜこのようなことを書くかというと、多くの人が「行動に移せていない」からです。

起業してみたいと考えている人はたくさんいます。本業として考えている人もいれば、副業として起業してみたいと考えている人もいるでしょう。でもその中の多くの人たちが、結局は起業できずに日々を過ごしています。

あんなこと、こんなこと、「やってみたい」、「面白そう」と思っている事が有るのなら、まずは行動に移してみましょう。

大企業に勤めていた方ほど、綿密に計画したがる傾向にあります。確かに大企業においては、一つの事業を立ち上げるのに大きな投資もしますし、人もたくさん動きます。事業の計画が周囲に認められなければそもそも始められません。

しかし!スモールビジネスを始める多くの人たちにとって、綿密な計画など不要です。計画しようとするから余計進まないというケースもたくさん見てきました。

起業セミナーなどでは反対のことを教えられます。中小企業診断士の先生などは、当然のように計画を大事にします。そういうコンサルタント資格をお持ちの方のアドバイスは、型にはまったものになりがちです。私自身も中小企業診断士の勉強だけはしたことがあります。ちょうど会社を辞めて起業を考えていた時期でした。資格を取るのが目的では無かったので試験は受けませんでしたが、それが私の起業にどれくらい役に立ったかというと、それほど役には立ちませんでした。なぜなら、情報が遅くて古いものが多かったからです。簿記のように、時代が変わってもそれほど変わらないものもありますが、マーケティングに関してはかなり時代遅れの内容でした。しかも、具体性に欠けます。

少し話は外れましたが、スモールビジネスで起業するにあたり、大事なのはとにかく早く立ち上げて一歩進めること。そして集客に向けて考え、実行することです。

さあそこで、何から始めるかです。当社はホームページ制作会社ですので、ホームページ制作を勧めるのは当たり前と言えば当たり前ですが、そうでなくても、とにかく先ずはホームページです!なぜなら、ホームページは起業する上で、その拠点であり、宣伝広告の要だからです。店舗を持つ事業を検討している方なら、店舗を持つことは当然必要ですが、それと同じくらいホームページを持つことは大事です。店舗は、その近くを通った人の目には触れますが、通ってない人の目には触れません。しかし、ホームページは近隣の多くの人々の目に触れさせることができます。しかも、そのビジネスに興味を持つ人々に直接的に広告を配信することができるのです。

私もいくつかの事業を立ち上げていますが、何よりまず最初にすることはホームページを制作することです。ホームページ制作会社だからできることだと思われるかも知れませんが、それは違います。最初にホームページを立ち上げることは合理的だからです。

中にはあてはまらないケースもありますが、多くのビジネスのように、宣伝して集客する場合には、もうホームページ無くしてはできません。紙媒体の広告を使う方法も決して無駄ではありませんが、同じ費用をかけた場合に、紙媒体よりネット広告を使ってホームページでの宣伝をした方がはるかに効果が高いのです。

先日、ある企業様から引き合いがあり、商談に行った時のことです。その企業様は店舗型の事業をしていらっしゃいますが、店舗での開業より半年ほど早くホームページの制作をされたそうです。これは大変賢明な戦略です。なぜなら、ホームページは時間がかかるからです。

ホームページを制作すること自体、今は技術も発展しているのですぐに作れます。簡単な制作だけなら、1日~2日でできてしまいます。しかし、内容を作りこんでいくのに時間がかかるのです。そこには、いろいろな情報を入れていく必要があります。お店の事業内容の紹介はもちろんですが、そのお店のウリだったり、事業者や、従業員の紹介、プライバシーポリシーなど多くの内容が必要になります。この内容を作っていくのに、とても時間がかかります。内容を作るのは当然事業主様にしかできないことで、これを考えるのはホームページ制作業者にはできません。
そして、もう一つ時間がかかることがあります。それは、ホームページがいろんな人に検索されて、そこに自社のホームページが表示されるまでに時間がかかるのです。
だからこそ、店舗を構える前にホームページを作り、開業と同時にホームページの宣伝効果もある程度見込めるようにしておけば効率が良いです。開業より半年早くホームページが出来ていれば理想です。

店舗を構えると、毎月大きな家賃が飛んでいきます。開業と同時にある程度の集客が見込めるのと、開業してからホームページを作って宣伝して・・・と言うのとでは雲泥の差です。

開業前にホームページを作るメリットは他にもあります。それは、ホームページを作りながら事業内容を形作っていけることです。例えば、飲食店だったらメニューを考えますよね。料理や飲み物など、何を提供するかを決めて、価格を決めていく必要があります。これを考えながら、そのままホームページに入れていけば良いのです。

また、事業を行う上で、お客様に対してメッセージや、自社の考え方などを伝えることも大切です。自社はなぜその事業をやることにしたのか、お客様にどのようなメリットをもたらすのか、他の事業者と何が違うのかなどです。これらも、考えながらすぐにホームページに入れていきます。

こうしていくと、事業計画のようなものがある程度ホームページ上に反映されてきませんか?もちろん、利益計画などは別にしておく必要はありますが、事業計画の中に入れるべき内容のうち、ある程度のものはホームページにそのまま入れていくこともできるわけです。

と言う訳で起業に関するアドバイスを書きましたが、もちろんここに書いたことは起業の規模や事業の内容によります。最初からある程度の従業員を雇い、それなりの投資をして起業するならやはりしっかりと綿密な計画をすることは当然ながら必須です。

しかし、どのような企業でも、宣伝して集客する必要のある事業であれば、開業に先だってホームページを制作することはかなり有効な戦略になります。

ホームページや宣伝広告の基本的な知識はこちらに記載していますので是非ご覧ください。